神戸東洋日本語学院の強み

実践重視のカリキュラムで即戦力に!

神戸東洋日本語学院のカリキュラムは、徹底した実践重視です。

200時間以上の模擬授業+演習を通して、修了後に即戦力として 教壇に立ち、日本語教師として活躍する授業スキルが身につきます。

豊富な教壇経験、採用面接の実施経験を持つ当校の現役講師が、 学習者を惹きつける分かりやすい授業、さらに採用面接に強い授業のコツを1からご説明します。

生の教育現場を体験できる!

神戸東洋日本語学院は、その名の通り日本語学校を併設しており、様々な国の学習者が多数在籍しています。

外国人学習者と同じ校舎で学ぶことができ、交流の機会も多くあります。

さらに、実際に日々行われている授業を見学することもでき、講座内でも、神戸東洋日本語学院に在籍する外国人学習者を相手に行う教育実習があります。

最先端の日本語教育に対応!

文部科学省が公表している「教育の情報化ビジョン」の1つとして 位置づけられているICT(情報通信技術)教育、オンライン授業、 新しい教え方に対応したカリキュラムになっており、最新の日本語教育に触れることができます。

当校では、全教室にスクリーンとプロジェクター、タブレット端末が設置されており、授業でもICTの活用を積極的に進めています。

修了後は併設校での採用や海外勤務のチャンスも!

当講座の修了生には、そのまま当校の日本語教師として活躍するチャンスがあります*。

また、事業の一環として行われる海外講師派遣に参加することもできます。

神戸東洋日本語学院は、「講座を修了したら終わり」ではなく、修了生の皆さんには、卒業後も当校の講師としてぜひ活躍してほしいと考えています。

*採用面接等あり